神の乳母5話のあらすじとネタバレ

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
5話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~5話
「しょうのない子…もう少しだけよ」玄関越しに夫と会話しながらイかされて

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母5話のあらすじ

夫の隣で異形に侵されてから数日が過ぎて…

あれからも百合恵は異形の元へと毎日通い授乳を続けていた。

百合恵の体液を毎日啜っている異形は更に成長し形を替え、今では人間の赤ん坊のような姿に変わり、

それもあってか当初異形に対して抱いていた恐怖はなくなり、最近では異形に対して愛おしさを覚えるようにまでなっていた。

異形に乳房を吸わせる百合恵の姿は、まるで我が子を抱いている母のようだった。

バイトの終わりの時間になり、家に帰ろうと玄関に向かう百合恵。

しかし、この日の異形はなんだか様子がおかしく百合恵にしがみつき百合恵を離そうとしない。

そして玄関前で再び触手を伸ばし、百合恵のアソコに挿入してこようとする異形。

「ダメなんだから…こんなところでなんて…」

と言う、百合恵の言葉を無視し触手を百合恵のアソコにズポズポと挿入してくる異形。

そんな異形の姿嬉しそうに見つめるながら

「もう‥しょうのない子。あと少しだけ…あと少しだけ…」

と異形との時間を楽しんでいると突然、

ピンポーン!

「ごめんくだい。こちらでお世話になっている杉山の夫ですが…」

と夫が玄関前にやってくる…

神の乳母~異形に奪われた妻~
5話本編はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母5話のネタバレ

神の乳母5話のネタバレをご紹介していきます。

百合恵の心の変化

これまで異形の事を怖がり、嫌悪感を抱いていた百合恵でしたが、夫の隣で異形に侵され日をきっかけに心境にも変化が現れます。

夫とのセ○クスでは感じることのできない未知の快楽の虜になった百合恵は、異形の触手を歓迎するようになり触手を膣内に挿入されることを悦ぶようになっていきます。

異形の見た目も以前のような昆虫の姿ではなく、人間の姿に近づいてきてますます異形のことが愛おしくなってくる百合恵。

異形の触手を挿入され、至福の表情を浮かべる百合恵の姿が印象的です。

目の前に居る夫の存在を忘れ快楽に没頭する百合恵‥

神の乳母5話では、また夫の前で異形に侵されまくってしまいます。

今回のシチュエーションは、玄関前に居る夫とドア一枚越しに会話をしながら異形に侵されるというシチュエーションです。

帰りの遅い百合恵の事を心配して迎えに来てくれた夫の前で、はしたない声を上げながらイキまくる百合恵。

「ごめんなさいあなた…私やっぱり…もうこの子のほうが…」

夫に対する罪悪感よりも、異形に愛してもらった悦びの方が勝ってしまった百合恵。

すぐ目の前に夫がいるのに、夫のことを忘れ異形との快楽に没頭する百合恵の姿がエロすぎます!

まとめ

前回4話に引き続き5話もかなりエロい内容となっており寝取られ感満載な感じになってます。

あんなに愛していた夫の顔も忘れるぐらい、異形との快楽に没頭し絶頂しまくるはしたない百合恵の姿見れます。