神の乳母3話のあらすじとネタバレ

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
3話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~3話
異形の触手で子宮口を攻め立てられ…

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母3話のあらすじ

ベビーシッター初日、お世話をするはずの赤ん坊に犯されてしまった百合恵。

悍ましい異形に体を貪られるのは耐え難い苦しみで、本当はもうこの家とは関わりたくなかったが、神守さんに「逃げたらどうなるかわからない。あなたも、家族も…」と脅され仕方なく異形のもとへ毎日通うしかなかった。

この異形と神守さんには底知れぬ恐ろしさがあり、百合恵は逆らうことができなかった。

百合恵が来ると神守さんはいつもすぐにどこかへ出かけてしまい、百合恵はすぐに異形と二人きりにされる。

百合恵が部屋に入ってくると、異形は餌の匂いを嗅ぎつけたかのようにベビーベッドから出て百合恵にはい寄ってくる。

そして、百合恵の体によじ登りおもむろに乳房へしゃぶりついてくる。

異形に胸を汚されるのは不快でしかなかったが、この後に待っている「より悍ましい行為」を思うと百合恵は抵抗することもできずされるがままになるしかなかった。

異形に乳房をしゃぶり続けられ、百合恵のアソコからはいやらしい体液が溢れ出てくる。

百合恵のアソコから溢れる体液の匂いを嗅ぎつけた異形の触手が、百合恵の股間へと這ってくる。

それを見た百合恵は、

「…今日も…するのね…」

と、愛する家族を思い出しながらこれから行われる陵辱に耐える覚悟をするのであった…

神の乳母~異形に奪われた妻~
3話本編はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母3話のネタバレ

神の乳母3話のネタバレをご紹介していきます。

持ち悪い異形に乳首を吸われ濡れてしまう人妻

異形に這い寄られ、乳首をしゃぶられまくり百合恵。

気持ち悪い異形に乳首をしゃぶられるのは不快でしかなかったが、しゃぶられ続けていくうちにだんだんと感じてきてしまう百合恵。

「ん~~やっ…んっ…」

夫の愛撫ですらこんなに感じたことないのに…と夫と異形を比べはじめる百合恵。

異形の触手を膣奥まで挿入され悶絶する人妻

異形の太く長い触手を膣の奥まで挿入され、子宮口を殴りつけられる感覚に動物のようなはしたない声をあげる百合恵。

そしてついに異形の触手は子宮にまで入ってこようとする…

しかし、そこは愛する我が子を産んだ大切な場所。

そんな所までこの異形に汚されまいとお腹に力を入れ必死に抵抗する百合恵だったが、子宮口を舐められつい緩んでしまい…

まとめ

神の乳母3話では異形の触手で攻め立てられ、さらに乱れる百合恵が見れます。

異形の触手がついに子宮にまで入ってきて、あまりの快楽にヨダレを垂らしながら「もっと…もっとして…神様ぁ…」と言いながらイキまくってしまいます。

普段、家庭的で大人しい人妻が乱れる姿は必見です!