神の乳母1話のあらすじとネタバレ

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
1話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~1話
身動きが取れない人妻に迫り来る異形

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母1話のあらすじ

「ただいま~~」

 

夫が仕事から帰ってくる。

 

「おかえりなさいあなた」

 

と玄関まで行き笑顔で出迎える主婦の杉山百合恵(29才)

 

若くて綺麗で家庭的な彼女はまさに良妻賢母。

 

そんな人妻がある日を境に家族のことも忘れ快楽に没頭するようになる…

 

夫と息子に囲まれ毎日幸せに暮らす百合恵。

 

そんなある日、同じマンションの住人がベビーシッターのバイトを募集してることを知った百合恵は、やってみたいと思い夫に相談する。

 

相談された夫は

 

「へぇ…同じマンションの人なら安心だしいいんじゃないか」

 

そう言って、百合恵がベビーシッターをすることに賛成する。

 

翌日、さっそく依頼主の神守さんの家を訪ねる百合恵。

 

ピンポーン!

 

「ごめんください。704の杉山ですが」

 

するとガチャッと少しだけドアが開きその隙間から神守さんがこちらを覗いている。

 

「どなた?」

 

神守さんの異様な雰囲気に圧倒されてしまう百合恵。

 

「あ‥あの…ベビーシッターの件で…」

 

百合恵がそう言うと、神守さんは突然ニヤッとし

 

「あら…よくいらっしゃいましたわ。お入りになって」

 

そう言って、百合恵を家の中へ案内する。

 

家の中でなぜか喪服を着ている神守さんに違和感を感じながらも、ベビーシッターの件について話をする百合恵。

 

百合恵のことを気に入った神守さんは、今日から百合恵にベビーシッターをお願いすることに。

 

まだ赤ちゃんの顔を見ていない百合恵は、

 

「それでお子さんはどちらに…?」

 

と神守さんに聞くと

 

「こちらの和室におりますわ。お顔を見せてあげてくださる?」

 

そう言われ、赤ちゃんがいる部屋へと案内される。

 

案内された部屋はなぜか真っ暗で、真ん中にポツンとベビーベッドだけが置かれていた。

 

(部屋にこれだけ置かれているとなんだか‥祭壇みたい…)

異様な空間に不気味さを感じながらも、可愛い赤ちゃんに会えるとワクワクしながら赤ちゃんの元へ歩み寄る。

 

そしてベビーベッドを覗き込むと…

 

(えーーー!?)

 

そこに居たのは人間ではない…昆虫のような醜い姿をした異形の赤子だった!

 

「ひっ…!?」

 

異形のあまりに悍ましい姿に顔が歪む百合恵。

 

(な…なにこれ!?赤ちゃんじゃ…人間じゃ…ない!!)

 

驚きと恐怖で腰が抜けてしまった百合恵はその場に座り込んでしまう。

 

すると、百合恵の叫び声で起きた異形がベビーベッドからズリズリと這い出してきて…

神の乳母~異形に奪われた妻~
1話本編はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母1話のネタバレ

神の乳母1話のネタバレをご紹介していきます。

キモい異形とご対面した人妻は…

神の乳母1話では、皆さんがキモいキモいと言っている神の子(異形)と初めてのご対面ですw

可愛い赤ちゃんが相手のベビーシッターならやってみたい!と思い引き受けた百合恵ですが、ベビーシッターのお相手がまさかの人間じゃないという落ち。

最初からそれならそうと言ってくれてれば驚かないと思いますが、まさか百合恵も人間じゃないキモい生き物のお世話をするなんて思っていませんから、

もう初めて異形と対面した時は、顔は引き攣り、叫び声は上げるはでもうパニック状態です。

そんな百合恵の様子を後ろから黙って見つめる神守さん。怖いですね~。

迫り来る異形

ベビーベッドでぐっすり寝ていた異形でしたが、百合恵の叫び声で驚いて起きてしまいます。

そして、百合恵の存在に気づいた異形はベビーベッドからズリズリと這い出してきて身動きがとれなくなった百合恵に迫ってきます。

この異形が迫ってくるシーンがまさに恐怖ですw

頭がでかく、柔らかくヌルヌル体を引きずりながらズリずりと這い寄ってくるシーンはほんとキモいし怖いです。

神守さんに飲まされたハーブティーのせいで体が動かなくなってしまった百合恵は、逃げることもできず自分に迫ってくる異形に対し「こないで!」と叫ぶことしかできず…

まとめ

神の乳母1話の見所は、異形と対面した時、迫られている時の人妻の表情です。

いつも綺麗で穏やかな人妻が、恐怖のあまり顔が引き攣り、大声で叫びながら取り乱しちゃってます。

しかし、百合恵がいくらわめこうが、異形はそんな百合恵を無視して迫ってきます。

まるで蜘蛛が、自分の蜘蛛の巣に引っかかった虫を食べようと迫ってくるような光景ですね。

あとこの神守さんとう女性は何者なんだ?この人はそもそも人間なのだろうか?

この異形といい、神守さんといい謎だらけです。